妊娠に冷えが大敵な理由とは

 

冷えが不妊の原因になることは、古くから伝えられてきました。子宮や卵巣のある下半身は、特に冷えの影響を受けやすくなっています。

 

冷えがひどくなると、生理痛、生理不順、子宮内膜症、卵巣嚢腫などを発症するリスクが増大し、着床を阻害する因子にもなるのです。さらに、冷えによる血行の悪い状態が進むと、体のエネルギーや必要な栄養素、ホルモンが滞ることになり、体調を維持していくことはできません。

 

それは、妊娠に大切な卵巣機能、黄体機能を衰弱させることになりますから、冷えは妊娠の大敵になるのです。

 

血行が改善されれば、子宮や卵巣に温度と栄養とホルモンが豊かに供給されますので、妊娠も大いに期待できるといえるでしょう。

 

 

「妊娠しやすいカラダを作るには」も参考にしてみてください。